もし、あなたが…


  試験当日まで、残された時間は少ないけど、

  何とかして
2級土木施工管理技士の試験に合格したい!



  仕事が忙しすぎて、

  
疲れてできない、眠くてできない、頭に入らない、の三十苦に

  困り果てている!




  
特に実地試験の経験記述の対策をどのようにして良いか?


  
そもそも、文章なんか書けやしないよ!


  
ズバリ、手っ取り早く試験に合格できる勉強法を探している!


  …のだとしたら、


  最も有効で効率的な経験記述対策法をお教えします。




  それは…

  ただ単に、経験記述をパターンを当てはめて書けるようにになるだけでなく、

  スポンジが水を吸い込むかのように、

  
経験記述の書き方やパターンを自在にアウトプットする能力を飛躍的に

  
高められるものです。
      




  だから…


 

  試験の期日が迫っているのなら、

  なおさら、後回しにせず、今すぐこの手紙をお読みください。



  明日にはこの手紙はないかもしれませんから…。




  私は、このテクニックで1級土木施工管理技士の2次試験でありますが、

  経験記述が書けるようになり試験に合格しました。

  これが証拠です!


     


      



  


  経験記述には、試験に合格するための書き方というものがあるのです。

  それは、毎年の出題傾向から見ても変わりません。




  
   ■■あなたにあてはまるものはありませんか?■■







  2級土木施工管理技士経験記述速習講座のよってこのような結果を

  目指すことができます。そして、きっかけとなります。

  2級土木施工管理技士経験記述速習講座のよってこのような結果を目指すことが

  できます。


  そして、きっかけとなります。


  今回、販売前にモニターとして実践してきた


  2級土木施工管理技士の経験記述を突破した。ある学習の方法とは・・・。

  まずは、経験記述を突破したモニター様からのメールをご覧ください。


























  ここでご紹介した5人の方たちは、この方法をはじめたその日から、

  
早い人でわずか10日間で経験記述が書けるようになったと実感し、

  
見事、資格に合格することができました。


  「そんなにうまくいけば、苦労してませんよ…」


  と思われたかもしれませんね。



  でも、その気さえあれば、

  あなたにもすぐ体験していただけることです。

  これらの結果が、あなたにとって少しでも魅力的であれば、

  これからお伝えすることをどうか一言も漏らさぬように、よく注意して

  ご覧ください。




  これから、どのようにして合格レベルに達成できるか?

  2級土木施工管理技士経験記述速習講座がご提供する講座の詳細を

  お伝えします。










  もう知ってる人もいるかも知れませんが、元々このテキストは前回、販売された

  一級土木施工管理技士速習経験記述講座をベースに作られています。

  お陰様で多くの人に購入して頂き、合格のお手伝いをさせていただきました。





  そんな中で、



  「2級土木施工管理技士用のテキストはないのか?」


  「是非、作ってほしい!」


  「一級用しかないのは、どうしてですか?」


  といったメールをいただき、今回、販売させていただくことになりました。


  2級土木施工管理技士経験記述速習講座は、
2級土木施工管理技士の出題傾向に

  
合わせ、どのようにして経験記述を書いていけば良いか?

  
はじめての人でも、理解でき、無理なく、実践できるように仕上げました。

  まさに、
経験記述の基本書というべきテキストです。



  申し遅れました。

  はじめまして、今回、受験をされる多くの方々に是非、資格取得へつなげて

  ほしいという思いから、2級土木施工管理技士経験記述速習講座を作成しました。
  
  西園寺(さいおんじ)公経(きみつね)と申します。
   
  大手通信建設会社、NTT事業本部都市土木部にて、8年間土木の現場を経験し、

  一級土木施工管理技士の資格を得て土木の現場では指導的な立場で従事、

  現在は大手ゼネコン系列会社で商業施設やビル・マンションなどの建築部門で

  施工計画部での仕事で強度計算書や計画図面作成など現場部隊を支援する仕事と

  併せて、通常業務と別に社内で新入社員の向けのAUTOCAD研修講師や

  土木施工管理資格の取得者に向けての研修講師も従事してます。







  このような悩みを抱えている人は、

  2級土木施工管理技士の実地試験の経験記述がなかなか書くことできない、

  不得意だという人は実に多いのです!


  それは、
ほとんどの方が経験記述を書く練習時間が圧倒的に合格レベルまでに

  
費やしている時間が少ないからです!


  それと言うのも、今までどんな現場経験したか、具体的に短い文章でまとめ、

  どのように対処したかということを記録として、残しておくこともなかった

  からです。

  現場日誌などで、具体的にその日の出来事などまとめておく習慣があれば、

  2級土木施工管理技士の実地試験の経験記述の文章レベルなら試験に合格できる

  レベルに、すでに達していることでしょう!








  2級土木施工管理技士の実地試験は、平成17年度までの経験記述の出題は主に

  品質管理と工程管理からの出題であり、受験生は経験記述を品質管理と工程管理の

  経験記述を用意するだけでほぼ経験記述の対策は十分だったというのが

  現状だったので合格率(実地試験のみ)も平成13年、14年は70%以上、

  平成16年、17年は50%くらいといった具合で比較的、資格取得しやすい

  試験でした。



  ところが、
平成18年以降から出題傾向が大きく変わり、それまでの傾向から突如

  
施工管理、安全管理からの出題となり、これには多く受験生が動揺し、

  安全管理や施工計画の準備をしていなかったために、

  
最低合格率の15.7%となりました。



  そして、平成19年以降になるといろいろな管理項目が組合せに出題されるように

  なり、特定の管理項目に絞っての試験対策ができなくなったために近年の合格率が

  下がったのが直接の原因で
取得するのが難しい資格となりました。

  
もう、過去のように決まった経験記述を準備し、合格できる

  試験ではなくなったのです。



  現在、現場勤務から内勤なり、社内では資格取得ための研修講師として、

  多くの社員に教えてきて気付いた点があります。

  
学科試験にはそれ程苦労しないが、実地試験で特に、経験記述で苦労されて

  
いる方があまりにも多いことです。



  また、経験記述対策の市販されているテキストや研修もそんなに多くなく、

  また、
具体的にどのような対策を取っていけば良いかという点も書かれた

  
テキストも少ない。



  その上で、経験記述をどのように書いていけば良いか?といった不安があり、

  経験記述を書く練習が後回しになり、試験直前に慌てて、文章をつなぎ併せて

  場当たり的な記述をしてしまい、結果、資格取得できない状況になっていると

  いう非常に残念な結果になっているのが現状です。

     

  そういった点をふまえて、
2級土木施工管理技士経験記述速習講座のテキストは

  
どのようにして勉強し、短時間で合格できるだけのレベルに近づけることが

  
できるかを詳細にまた、簡潔にまとめました。



  では、2級土木施工管理技士経験記述速習講座のテキストで読んだだけで

  2級土木施工管理技士の経験記述が書けるようにできるか?


  安心してください!




 












  
2級土木施工管理技士実地試験の経験記述が記述できる人のほとんどが、

  
テキストで読んだだけでなく経験記述書き方の練習に多くの時間を

  
費やし学習した人なのです。


  だから、
経験記述が苦手だと感じてしまうあなたもテキストを読んだのに!

  
講習を受けたのに!経験記述がうまく記述できない!!



  
俺(私)は、頭が悪いのか?・・・・

  と不安になったり、劣等感になる必要もないのです。

     

  なぜなら・・・・・

  
誰もが最初から実地試験の経験記述が書けるわけでない!

  だから、経験記述が書けないからといって、あなたは悩む必要はないのです。

  そして、このようなことも悩む必要もありません。







  上記に書かれた理由、他社の研修での良く聞くのですが、そんなことは、
  
  関係ありません。

  そもそも、2級土木施工管理技士の受験資格をもっている人は、

  財)全国建設研修センターの2級土木施工管理技士として、ふさわしい経験を

  持っていると認められた人のみが受験をできるからです。

  そして、経験記述の練習が足りないだけでしっかりと経験記述用の学習方法で

  練習すれば良いのです。


  
その解決方法は、実はシンプルで簡単だからです。








  それならどのように実地試験の経験記述を記述できるようになるのか?

  簡単です!


  先ほども申し上げたように、あなたも実地試験の経験記述のテキスト見ながら

  しっかりと記述練習することです!



  私自身も、実地試験の経験記述が苦手で不安を抱えていた一人でした。


  そして、私がどのようにして、その不安を解消し、解決してきたかお話しします。

  しつこいですが、その解決方法を一言で言うともう一度言います。



  実地試験の経験記述を練習することです!


  実にシンプルで簡単なのです。









  
      おいおい!簡単って言われたって

        その練習がなかなかできないんじゃないか!





  なかなか練習ができない・・・・よく分かります。

  実際に、現場勤務などしていると、通常業務だけでもかなりの激務。

  発注者への打合せや各担当業者さんへの指示、材料の発注、工程確認や

  調整しつつ予定表を作ったり、その後は図面修正・強度計算書や出来高書の作成、

  許可申請書の作成、伝票整理など・・・・・



  もうやること沢山あり過ぎて、時間に追われる毎日で息つく暇がないのも事実です。

  夜遅くまで、業務をやってヘトヘトになって家に帰る。。。

  疲れていながらもなんとかテキストを開いて、

  いざ!勉強となると疲れでうとうとしはじめ・・・・





  
スヤスヤ。。。。。夢の中・・・





  かつての私もそうでした。しかし、これでは到底、2級土木施工管理技士の

  資格取得は遠のくばかりです。



  私は、悩みました。

  
こんな激務の中で2級土木施工管理技士の試験の勉強は無理なんじゃないか?

  とかいって、上司や先輩に試験勉強するので、業務の負担を軽くして

  くださいとはいえない。というか怒られるし…




  
このままじゃ、2級土木施工管理技士の試験に落ちてしまう!


  
それだけは。。イヤだ!




  せっかく土木の世界に入った以上は、最高峰である一級土木施工管理技士の

  資格を手に入れるステップにまずは、

  
2級土木施工管理技士の資格は必ず手に入れたい!と思いながら、

  勉強していました。



  がしかし、なかなかうまくいかないながらも、とりあえずは品質管理と工程管理の

  経験記述を用意し、本番の試験に向かいました。


  結果、合格しました。



  私が、2級土木施工管理技士を受験した当時は平成15年で、このときは

  まだ、経験記述は品質管理と工程管理を事前に用意さえしていれば、

  合格できた年でした。


  
すごく、ラッキーだったと思っています。




  この話をここまで、だったら・・・



  
「あぁーそうですか。それはよかったですね。」



  
「実地試験が甘かった時代の話を
             聞いているんじゃないんだよ!!」





  という、お叱りの声が聞こそうですが、実は、この話には続きがあるのです。


  2級土木施工管理技士を比較的楽して合格した私に待っていたものは

  この4年後に起こります。


  それは、一級土木施工管理技士の受験の時でした。

  
平成18年から、大幅に出題傾向が変わりはじめた時期であり、経験記述も

  
どのような対策をすれば良いか?わからない時期でした。



  しかし、試験までの日にちも刻々とせまり、気持ちだけは焦るばかりで、

  勉強は捗らずに日々だけが過ぎました。


  2級土木施工管理技士のときにしっかりと経験記述の勉強をしていなかったので

 一級土木施工管理技士受験時に経験記述に苦しめられる
ハメになったのです。



  土木の業界で従事している人にはわかると思いますが、私の勤めている会社では、

  一級土木施工管理技士の資格がないと人間扱いされないという環境で

  ありましたので、是が非でもこの資格を取得しなければという思いが

  あったのです。

     

  私の職場環境は、あなたの職場環境とちょっと違うかもしれませんが、

  一級土木施工管理技士の資格の重要性については同じだと思います。

  ちょっと話が、2級土木施工管理技士から1級土木施工管理技士の話へと

  ずれてしまいましたが、聞いてください。



  どのようにして、私が経験記述がかけるようになったかを

  あなたに包む隠さずにお話します。






  
あ!これだ!この方法なら合格できるかも?



  いっこうに捗らない一級土木施工管理技士実地試験の経験記述の勉強。。

  業務終了後、家に帰ると勉強しなくなるので1日1時間、会社で勉強していました。



  うだうだと…


  
経験記述だけは後回しにして非効率な勉強で私は、逃げていました。

    

  「こんなに苦労するんだったら、2級のときしっかりやっておけばよかった。」



  といまさら後悔の気持ちで勉強をしていると会社の先輩があるヒントを

  教えてくれました。


  その時の会話の内容は今でも覚えています。


  私は、先輩からのアドバイスをメモにとって、時間があればそのメモを

  見直していました。

    
    
  何度かメモを見直していると
ある事に気づきました。

    

  「これってもしかしたら、この方法を体系つけて確立すれば…」

    
  私は試行錯誤しながら、すこしづつ先輩から教えてもらったヒントからやり方を

  順序よくやっていきました。



  その時。




  
    あ!これだ!この方法なら合格できるかも?




  私は自分の直感信じ、ひたすらその方法で一級土木施工管理技士実地試験の

  経験記述の勉強を進めていきました。



  最初は、時間がかかりましたが、この方法は
繰り返せば、繰り返すほど勉強時間が

  
短縮いくことできるように。そして、それはある程度、まとめてあれば場所を

  
選ばずに、ちょっとしたすきま時間に経験記述の勉強が可能です。



  この方法は、知ってしまえばオーソドックスな方法なので、「なんだぁ〜」と

  思いますが、
実地試験の経験記述で不合格になってしまう人の9割以上の人が

  
実践していません!



  
これは、2級土木施工管理技士実地試験の経験記述でも言えることです!

  
実践していないから、合格への道が遠くなるといっても過言ではありません。



  改めて、実践することの大切さ事を知りました。



  また、この方法は記述の仕方の基本ができるようになるので、記述する上で

  頑丈なフレームとなっているため、いつもと一味違った、経験記述の出題を

  されても対応することができ、他の受験生より差をつけ一級土木施工管理技士

  実地試験を合格することができたのです。



  ですから、


  
誰もが最初から実地試験の経験記述が書けるわけでない!

  ので安心してください。



  それに、2級土木施工管理技士実地試験の経験記述の勉強のときにしっかりと

  対策をとっていれば、次に受験する予定である一級土木施工管理技士の経験記述を

  恐れることはありません。



  すでに、経験記述の基礎が出来ているわけですから、一級土木施工管理技士の

  実地試験対策も余裕をもって取り掛かることができるのです。



  もし、あなたが
もう経験記述で悩みたくないという気持ちが強いのであれば

  
2級土木施工管理技士経験記述速習講座で経験記述の基礎を学び、

  
早目の対策を取ることで解決できます。








  2級土木施工管理技士経験記述速習講座には以下の内容について書かれています。







  とはいっても内容に不安を感じるかもしれません。

  しかし、
実際に2級土木施工管理技士実地試験の経験記述を突破するための
  
テクニックは少ない方が良いのです。

  多くの内容を公開すれば、それだけ多くのことを覚えなければならず、
  受験する立場であるあなたに大きな負担を強いるからです。

  資格試験に受かる学習方法は、いかに効率よく、また、学習時間を短くすることで
  あなたへの負担を軽減することが一番大事と考えました。





               




  本編マニュアルは、

  2級土木施工管理技士経験記述速習講座の導入部分に過ぎません。

  具体的に経験記述とは、どんな出題がされていて、どんな対策方法をとるべきか…。

  そういったことを重点的にまとめたマニュアルであるともいえます。



  どうぞ、ご心配ありません。

       
  この2級土木施工管理技士経験記述速習講座には、
77ページの実地試験に

  有効な実践的対策方法があります!

       
  2級土木施工管理技士速習経験記述講座の本編で、効率よく実地試験の

  経験記述対策をしてください。












  つぎに2級土木施工管理技士取得することでのメリットなどを書いてみます。



       
2級土木施工管理技士取得することでのメリット









      





       
■■2級土木施工管理技士経験記述速習講座■■



  この2級土木施工管理技士速習経験記述講座は、経験記述の書き方が

  全くわからない状態の初学者の方でも、大丈夫なように作成してます。


  このテスキトの根幹は、2010年に1級土木施工管理技士経験記述速習講座を

  販売させて頂いたものです。


  このテキストはお陰様で多くの土木関連従事されている方に

  支持を頂き、現在も経験記述対策専用テキストとしてご使用して

  いただいております。

  購入者のされた方から、



  
「1級用だけでなく、2級用も用意してほしい!」



  と沢山のご要望のメールや手紙をいただいたことで

  これから、最初の土木技術者資格である2級土木施工管理技士取得のお手伝いを

  微力ながらも出来ればと思い、作成しました。



  経験記述のみに的を絞ってまとめた教材は中々なく

  
2級土木施工管理技術検定試験の実地試験である経験記述をどのようにして

  
攻略すれば良いか?

  というところに主眼をおいて作成しました。


  元々のテキストの中身は某大手ゼネコンで実際に使われている

  一級土木施工管理技士の資格取得用研修テキストが元になっています。


  これがどういった意味か?


  土木業界で従事されている方なら、わかると思います。


  
2級土木施工管理技士経験記述速習講座は、更に初めて受験する人にも

  
取り組みやすいように内容を簡便にし、更に重要な所はページ割くといったように

  
更に進化したテキストに生まれ変わったものにしました。



  最近の土木施工管理技術検定は1級と2級の差がない出題レベルであり、

  合格も年々厳しい試験となりました。

  
もはや、2級だからそのレベルで経験記述の対策をすれば良い

  
という試験ではなくなりました。



  このテキストでしっかりと
経験記述の基礎と肝になる部分を学習していただくことで

  経験記述とはどういったものか?ということが分かって頂けるモノだと

  自信を持っています。


  よって、

  
2級土木施工管理技士の経験記述に対してどのような対策をとれば良いか? 

  
などが、詳細に書かれていますので安心して学習できるようになっています。

  また、
各管理工程ごとに参考例文集
などを作成致しました。



  その参考例文集を元に、経験記述の練習をすることで経験記述の大まかな書き方が

  わかるようになります。


  最初は、思うように書けずに四苦八苦することもありますが、その四苦八苦が

  やがて力となり、段々と合格ラインの経験記述が書けるようになってきます。



  まずは、この2級土木施工管理技士速習経験記述講座を使い倒すことを目標にし、

  少ない時間でも良いですから、毎日、経験記述の練習を続けてください。

  続けることで少ない時間でも経験記述対策をできるようになります。



  
また、試験勉強をする時間が少なくかったとしても試験当日までは

  
あきらめないください。継続は力なりです。







  今回、2級土木施工管理技士経験記述速習講座の本編教材とは別に以下の

  
特典を無料でお付けしました。


  私の持ち得る
2級土木施工管理技士経験記述ノウハウのすべてをあなたに捧げます。

  これでもう、あなたが経験記述が書けない理由はなくなります。



  どうぞ、お受けとりください。












   ※特典の入手方法は本マニュアル内に特典URLと入手方法が記載をしております。









   
        ■■値段とその理由■■


  2級土木施工管理技士速習経験記述講座を作成するにあたり、色々な方々に協力を

  得て完成しました。

  正直言って、あまり安価な価格はつけられません。


  それは、この2級土木施工管理技士速習経験記述講座を会社のテキストとして、

  社内資料として提出すれば、社内での自分の評価につながり、自分のポジションを

  維持できるからです。



  そして、会社の繁栄に微力ながら尽くすことが出来、それは家族を守る

  という意味にもつながります。


  定年までは、なんとか残りたい。そう思う気持ちが起こってしまうサラリーマンの

  悲しい性でもあります。



  しかしながら、2級土木施工管理技士を受験する予定の多くの方々に


  2級土木施工管理技士経験記述で苦労されているところをサポートできればと思い、

  3850円にて、ご提供したいと思っております。


    
  2級土木施工管理技士の実地試験対策で資格予備校や大手通信教育教材の

  テキスト価格の相場は以下の値段になっております。



  大手建設資格予備校   

  2級土木施工管理技士実地試験対策コース(6講義) 31,500円

  大手通信教育教材    

  2級土木施工管理技士学科・実地試験対策コース   54,000円

  ●●建設研修センター  

  2級土木施工管理技士学科・実地試験対策コース   38,000円
                         (2日セミナー方式)



  これらの値段と比べると大手建設資格予備校や大手通信教育教材よりは、

  2級土木施工管理技士経験記述速習講座はお求め安い金額だと思います。


  予備校や通信講座は、しっかりとした指導を直接受けることことが出来るため、

  高額な料金でありますが、実力をつけるにはもってこいの環境ですが

  決まった講義時間や課題の締め切りに追われることがあり、中々仕事しながら

  時間をやりくりして続けていくには大変な部分があります。



  また、
こういった環境は都市部など、一部の場所で開催されているため

  
都市部から離れた場所では、そういった教育が受けられないのが難点です。



  しかしながら、

  2級土木施工管理技士経験記述速習講座は、時間に関係なく、PDFファイルを

  印刷してファイルに閉じて、手元にもっていれば仕事の合間に

  復習したりできます。



  また、
現場勤務にて郊外の方でなかなか通学できない方にも活用して

  
いただき、仕事が遅く終わり、寝る前にちょっとだけ経験記述の勉強と

  
いった好きな時にいつでもテキストを開くだけで学習がすぐにできると

  いうのは
効率も良いでしょう!



  この
3850円は安いか、高いか、それはこのセールスレターを読んでいる

  あなたの判断にお任せします。



  また、このテキストを効果を発揮させるためには、それなりの期間が要します。

  テキストを購入し、すぐに経験記述が書けるようになるという訳では

  ないからです。


  それは、このテキストをどうしても効果的に使って頂きたいとの思いからです。
   
  試験前、ギリギリ購入されてもこのテキストの効果をうまく発揮するには

  困難ですし、まず結果は厳しいものとなる可能性が高いからです。


  私自身、どうしても経験記述がうまく書けない、なんとか書けるようになりたいと

  本気で困っている方が、早めの対策を取って頂き、その悩みを早く克服する

  お手伝いをさせて頂きたい気持ちが強いからです。







      







  私は、 あなたとの出会いをムダにはしたくありません。
     
  あなたが私を信じてくれるのなら、持ち得るかぎりの経験記述のノウハウを

  お伝えして、必ず2級土木施工管理技士の実地試験に合格してほしいと

  心の底から願っています。
     

  でも、せっかく効率的な勉強法があっても、
まだあなたの心の中にわだかまりが

  
あるのなら、またとないこの大きな機会を逃してしまうことになりかねません。

  もちろん、そうなっては、欲しくはありません…。


  そこで、 私の作成した2級土木施工管理技士経験記述速習講座が、
     
  年齢や会社、環境に関係なく、いろいろな方に通用するものかどうか、

  購入者の方たちにうかがってみました。






























     








  2級土木施工管理技士実地試験の経験記述が書けないと悩んでいる多くの人の

  お手伝いをさせてほしいと思っていますが、どうしても私の力だけでは

  経験記述を書けるようになると言うものでもありません。

  どうしても、実際に実地試験を受験するあなたの力も必要なのです。

  そこで、下記のような方のご購入は御遠慮願います。




          ★次の人は購入しないで下さい★




















  最後に、私があなたにお伝えしたいことは、
「2級土木施工管理技士の経験記述は

  
コツさえ掴んでしまえば、資格取得できる。」

  いうことだけです。


  情報化社会の世の中では、全く意味のない情報や、知ってしまうとマイナスに

  なってしまう情報があります。


  そして今までには、これまでに2級土木施工管理技士の経験記述のために特化し、

  詳細にまとめしっかりと書いた教本は存在していませんでした。


  2級土木施工管理技士の経験記述で悩んでいる人が少しでも

  この2級土木施工管理技士経験記述速習講座によって克服してほしいとの思いで、

  私はこの教材を作成しました。


  このノウハウは今後、2級土木施工管理技士の経験記述の対策として、

  基本になるものと確信しています。


  これを読んでくれているあなたが、
「何の心配もなく最短で合格し、2級土木施工

  
管理技士の資格を手に入れること。」


  これが今の私の願いです!


  あなたが1日でも早く、2級土木施工管理技士速習経験記述講座によって、

  経験記述に対して万全な対策をして自信をもって本番の実地試験に

  むかえられます事を応援しております。


  そして、この2級土木施工管理技士経験記述速習講座が、あなたの目指している

  2級土木施工管理技士という資格によって、良き人生のかけ橋になることを

  心から願っております。



                          





      




  あなたが2級土木施工管理技士の資格取得ができますように・・・・・・




   特定商取引法に基づく表記